工事保険の料金ならお任せ下さい。

工事保険コストダウン
  • 会社概要

工事保険の料金【ポイントとFAQ】

業者にとって重要な工事保険を取り扱っているのが私たちの会社です。建設業界では苦しんでいる企業がたくさんあります。特にコストの問題を抱えている企業が多く、どうすればコストダウンできるのかが課題となっているのが現状です。そこで、私たちは現在よりも工事保険のコストを下げられるような提案をします。現在加入している工事保険の見直しや保険料の節約、あるいは削減など画期的な方法を紹介します。現在の保険の状況について悩んでいる建設業者は気軽にご相談ください。

工事保険

単に保険料をカットするだけではなく、補償内容の改善についてもサポートします。保険料を下げながら補償内容を充実させることもできるのです。私たちはこれまでに工事保険を扱ってきた豊富な実績があります。さまざまな方法を利用することによって、保険料を下げることができるのです。工事保険に関する相談を無料で受けつけており、電話かメールをいただければすぐに対応することができます。また、万が一事故が起きてしまったときの対応も行っています。専任スタッフによって、書類作成から保険金の振込までを対応します。工事保険に関するさまざまなニーズに応えているのが有限会社フィット総合保険です。

01割安な掛金で保険料を削減出来る工事保険とは?

土木・建築、電気・機械系、塗装やリフォーム内装などの業種では工事保険に加入されているのが一般的です。工事保険とは、俗称であり、「工事第三者賠償保険」「労災上積み保険」「建設工事保険」が正式名であり、3つを総称して工事保険と呼ばれています。組立保険や土木工事保険も含まれており、対象となる工事の内容により工事保険の種類が変わります。
企業は自社の施工内容により加入する保険を選ばれていますが、不測の事故による賠償事故などに備え、数多くの保険に加入し、高額の保険料を支払っているケースは少なくありません。保険料を削減したくても万が一の時の補償は外せないというのが悩みの種でしょう。
そんな経営者様に朗報なのが、割安な掛金で保険料を大幅に削減できる工事保険です。
全国建設労災互助会の指定代理店である総合保険会社が扱う安心の保険で、団体のスケールメリットを活かすことで、各社が割安な掛金になるというもの。単体の企業では実現できない大幅な割引きが団体の規模とリスク実態によって適用される制度です。
わずかな年会費で全国規模の団体割引きが利用出来ることで保険料の経費削減ができ、充実した補償内容が得られる画期的な保険です。

02工事保険の検討をされている方、初めての方が確認するべき補償内容について

建設業に従事される方は不測の事態に備え、工事保険を検討されると思います。
工事保険の一つである「建設工事保険」は、建築現場や設備工事の際に自然災害や事故、施工ミスなどにより工事の対象物や資材などのモノに発生した損害に対し補償される保険です。建物に関するあらゆる工事が対象であり、新築・増築・改築・内装・外装・修繕に関する工事や設備工事が挙げられます。例えば給排水・給湯設備工事や電気配線、ガス供給設備から電話・通信設備、防犯・防災設備などが代表であり、関連する業種は幅広いことが分かります。

工事保険の検討をされている方、初めての方が確認するべき補償内容について

「第三者賠償保険」は作業中もしくは引き渡し後の事故により施主・第三者に与えた損害を補償する保険です。「任意労災」は役員や事業主、下請け業者やアルバイトのケガに備えるもので、治療費の補償や休業補償を確保する、人に発生する保険です。
それぞれに細かく範囲が設けられているため、事業によって加入するべき保険を見極めなければいけません。事故を起こした時に加入している保険の補償外だったり、高額な保険料を支払っていることが散見されるため、かけ漏れがないか工事保険のプロに相談するのが有益です。

FAQ

PageTop