大幅割引の工事保険・重機盗難保険なら【工事保険コストダウン】

工事保険コストダウン
  • 会社概要
60%割引の工事保険をご存知ですか?
お申込の手順 ご契約にあたってご留意いただきたい点

承認番号:SJNK19-80194
承認年月日:2019/7/19

新着情報

2022/05/16

工事賠償保険と上乗せ労災保険のお申込み

宮城県のリフォーム事業者様がお申込されました。4月16日始期。年間保険料は990,000円。売上高が3億円ありますので、個別の工事保険で加入されると年間保険料は200万ほどになります。約半額で加入され……… 続きを読む


2022/05/09

支給材の賠償事故

支給材の賠償事故のお支払いができるかどうかは、支給材または受託物賠償特約が付いていることが前提になります。この特約が付いていて、かつ、工事物件の引渡し前なら、支給材を損壊した場合の補償は対象になります……… 続きを読む


2022/04/25

地元の道路舗装工事業者様の上乗せ労災保険

半年前から検討していただいていました、保険が7月1日始期で申込が決定しました。第三者賠償保険は当社に切り替えていただいていましたが、今回追加の変更です。他社で年間377,040円お支払いされていたのが……… 続きを読む


2022/04/19

北海道の塗装事業者様のお申込み

北海道の塗装業者様から4月12日にお問合せをいただき、4月18日にお申込をいただきました。賠償保険は29,040円、傷害保険は準記名式で34,080円でした。問合せ→条件確認→見積り→内容説明→お申込……… 続きを読む


2022/04/13

沖縄の電気工事業者様が工事賠償保険のお申込み

5月1日スタートで、第三者賠償保険にお申込されました。年間保険料は61,560円。事故で保険を使っても保険料が翌年上がらない保険を希望されていました。中小企業中央会の団体割引のきく賠償保険、ビジネス総……… 続きを読む


2022/04/05

工事保険のお申込やお問合せの連続

新年度に入ってから、たくさんの工事保険の新規ご加入をいただいております。この一週間も、大阪のリフォーム業者様から工事賠償保険のお申込をいただきました。年間保険料は50,400円。また、沖縄の電気工事事……… 続きを読む


2022/03/30

埼玉の塗装業者様と三重の建築会社のお申込が決まりました。

以前からご案内していた埼玉の塗装業者様の工事賠償保険と上乗せ労災保険のお申込がありました。年間保険料は、177,480円です。三重県の建築会社の第三者賠償保険のお申込も決まりました。年間保険料は224……… 続きを読む


2022/03/23

大阪のリフォーム会社から新規お申込みいただきました。

大阪のリフォーム会社から新規のお申込をいただきました。創業間もない会社で、業績拡大のため元請から第三者賠償保険の加入を求められていました。ネットで検索して当社のサイトからお問い合わせをいただき、見積り……… 続きを読む


2022/03/15

大阪のリフォーム業者様からのお申込をいただきました。

3月11日にメールでお問合せをいただき、同日見積りと説明をしました。翌週の14日にはこの条件でのご加入を希望されました。年間保険料は約4万円。補償内容の良さと、対応の速さを評価していただきました。……… 続きを読む


2022/03/07

重機盗難保険のお問合せ

神奈川県の電気事業者様所有の重機の保険の見積り依頼がありました。重機の保険は、一般的には動産総合保険で加入するケースが多いです。当社は、別の保険を使って十分の補償と安い保険料を実現しています。……… 続きを読む


  • 全て表示
ブログ
[最近の記事]

2022/05/16

重機盗難保険のお申込み

先週、熊本の事業者様が新規購入のバックホウの保険を探しておられ、当社に問い合わせをいただきました。 何回かのメールと見積りのやり取りの結果、保険期間3年の重機盗難破損総合補償に加入されました。保険始期は4月16日。年間保険料は51,030円です。……続きを読む


2022/05/09

宮崎県の電気工事業者様のお問合せ

工事賠償保険のお問い合わせがありました。 支給材がある場合と無い場合の見積りを希望されました。……続きを読む


2022/04/25

地元の土木建設事業者様の工事賠償保険

一年前からご検討いただいている保険を他社から切り替えていただく子tになりました。 上乗せ労災保険は当社でお任せいただいているのですが、今回は、補償内容の良さと、保険料の安さで他社から当社に切り替えていただくことになりました。7月1日スタートです。保険料は年間268,850円。……続きを読む


2022/04/19

賠償責任保険とは

偶然な事故によって他人の生命・身体を害したり、または、他人の財物に損害を与えたために、被保険者が法律上の賠償責任を負担することによって被る損害(賠償金。訴訟費用等)に対して保険金を支払う保険です。 逆に言いますと、法律上の賠償責任が無ければ、この保険は使えないということになります。工事現場の事故で、「そもそも本件事故で、御社に賠償責任はありますか?」という質問をすることが多いのも、この点が最終お支……続きを読む


2022/04/13

名古屋の土木工事事業者様のお申込み

請負工事賠償保険と土木工事保険のセットで、ビジネス総合補償制度にお申込されました。 年間保険料は137,080円。新規の加入でしたが、本業が忙しく、なかなか電話にも出れないので、メールでほとんどの説明を行いました。安くて良い補償制度だとの評価をいただき、お申込となりました。……続きを読む


2022/04/05

上乗せ労災保険の事故報告2

建設業の社員様が現場で転倒して、骨折したという事故連絡が入りました。 この保険では、通院と、自己負担分の治療費は返金することになっています。自己負担分の返金は、領収証の原本を提出してもらうとできます。こらは、あまり聞いたことがないようで、大変お客様には好評です。……続きを読む


2022/03/30

上乗せ労災保険の事故の連絡

建設業の社長の奥様に連絡しました。 ちょうど家のごみ整理をしていて、腰を痛めたとのこと。奥様は役員ですので、業務外のケガも補償されます。完治したら連絡いただくこと、自己負担した分の領収証を保管していただくことで対応していただくこととなりました。……続きを読む


2022/03/23

上乗せ労災保険の追加ご契約をいただきました。

東京のリフォーム会社様は数年前から工事賠償保険をご加入いただいています。満期のご案内をしたところ、 「上乗せ労災の見積りが欲しい」との語彙らを受け、賠償保険ともに団体割引のきく割安の保険の見積りをさせていただきました。「コスパの良さを理解していただき、即決。工事保険だけでなく、その他の保険のご相談も承っていきたいものです。……続きを読む


2022/03/15

生命保険の見直しのご相談

当社は生命保険も取り扱っています。 法人の損害保険で信頼を得たお客様にも、生命保険の見直しのお手伝いをさせていただいています。取り扱うがん保険が刷新され、内容が良いため、この事実をお伝えすることをきっかけに、全体の生命保険の見直しを依頼されることがよくあります。今月も、全部の見直しの改善提案を提出する要諦です。先週は、相続対策の生命保険のお申込をいただきました。……続きを読む


2022/03/07

法人がん保険のご案内

工事保険のお客様への情報発信として、新しい法人がん保険の情報を動画でお届けしています。 経営者ががんと診断されたときに、一時金で400万受け取れます。通常は一回限りですが、この情報では、治療が続いている限り毎年400万円が受取れる保険をご案内しています。ご希望の方は限定公開のYouTube動画を送りますので、ご連絡ください。……続きを読む


  • 全て表示

全国の土木建設業界の経営者の皆さんへ

割安な掛金の工事保険があることをご存知ですか?

年々アップする人件費、資材費。建設業界にとって厳しい経営環境が続いています。
工事保険コストダウンでは、建築、土木、設備、電気、塗装、リフォーム内装業向けの請負工事第三者賠償保険、建設工事保険、業務災害(法定外)労災保険の加入、見直し、保険料の節約、削減、比較見積り検討の画期的方法を紹介します。
経営審査事項の加点にも対応。工事保険・建設工事保険・重機盗難保険ならお任せください。

今、工事保険の支払い保険料を大幅に削減できる、画期的方法が注目されています。

ええっ!?そんなうまい話があるものか!

疑われるのも、無理はありません。
実は、本当なのです。


昨年8月から1年間で、地元の建設土木企業の40社様以上が補償内容が良くなって、大幅にコストダウンした工事保険に切り替えられておられます。
この画期的方法が、ほとんど知られていないため、個別の企業様にご案内するために、このホームページを作りました。
工事保険・重機建設機械の盗難保険の新しい加入方法、建設工事保険の保険料大幅コストダウ­ンの説明をしています。保険料削減、見直し、節約、見積もり、合理化に役立ちます。

工事保険とは、俗称です。
正式には「工事第三者賠償保険」・「労災上積み保険(注1)」・「建設工事保険(注2)」と呼びます。
この3つの保険を総称して工事保険といわれることが多いです。
(注1)任意労災、業務災害補償とも呼ばれることもあります。
(注2)建築工事保険と呼ばれることもあります。また組立保険、土木工事保険を含むことがあります。

民間の保険会社と個別契約とは、特別な保険料率を適用せずに、売上高に応じて保険料が上下する年間包括契約の工事保険のことをいいます。
建設業協会や全日電工などの共済契約は、もともと割安の保険料なので、このような大幅な保険料削減効果は期待できません。ですから、すべての保険がコストダウンできることを保証するわけではありません。

しかも、補償内容は大幅に改善するケースもあります。
補償の充実とコストダウンが同時に実現できる方法があることが、ほとんど建設業界の経営者に知られていない!
こんなに安くて良いものは、ひとりでも多くの建設業の経営者に知ってもらいたい!
そんな思いで、地元四日市の建設業の企業様にご案内したところ、大きな反響がありました。
わずか8ヶ月で20社を超える会社が、コストダウンと補償の充実にご満足いただき、この補償制度に切り替えられました。

具体的なご案内は、下のページをご覧ください。

なぜ大幅な削減が可能なの?

事故の時は大丈夫なの?

ウチも本当に安くなるの?

皆様からよく聞かれる質問について纏めました。
是非、参考にしてください。


建築・土木・設備・電気・塗装・リフォーム業向け工事保険の加入、見直し、保険料節約、削減、比較、見積り検討の画期的方法の紹介しています。

◆ 労災上積み補償制度について
◆ 第三者賠償補償制度について
◆ 建築・土木・組立工事補償制度について
◆ 日本商工会議所の業務災害補償制度について
◆ 重機の盗難保険について

よくある質問

ご相談はこちら

お問合せ・ご相談フォーム

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、お電話かメールを頂けましたら大幅な割引の工事保険のご案内をさせていただきます。
ご相談は無料ですので、ご案内をお聞きにいただいた後で、新規加入や工事保険の見直しをご検討いただけましたら嬉しく思います。
皆様からのお問合せお待ちしていますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

PageTop