大幅割引の工事保険・重機盗難保険なら【工事保険コストダウン】

工事保険コストダウン
  • 会社概要
60%割引の工事保険をご存知ですか?
お申込の手順 ご契約にあたってご留意いただきたい点

承認番号:SJNK19-80194
承認年月日:2019/7/19

新着情報

2021/08/02

業務災害の事故

お客様から業務上のケガでアキレス腱を断裂された下請社員様の事故報告をいただきました。建設業の業務災害保険は、無記名でお客玉の役員従業員だけでなく、下請け作業者や派遣労働者も自動的に補償されます。現場は……… 続きを読む


2021/07/26

台風の被害1

工事保険で台風の被害事故でよくある事故をご紹介します。台風で工事物件や資材が突風で飛ばされて、他人の物を壊した、という事故報告が時々あります。台風などの異常気象による賠償責任は日本の民放で免責条項とさ……… 続きを読む


2021/07/19

上乗せ労災保険のコストダウン

上乗せ労災保険も第三者賠償保険と同じように、元請様から下請けの業者様に加入を義務付けていいる保険となっています。補償額については死亡後遺障害を2000万以上と指定される場合もあります。当社では上乗せ労……… 続きを読む


2021/07/13

水道工事事業者様からのお問合せ

神奈川の水道工事事業者様から第三者賠償保険の見積り依頼を受けました。現在、個別加入の請負工事賠償保険で年間40万円ほどお支払いされておられるとのこと。メールをいただいてから、事前の確認事項をヒアリング……… 続きを読む


2021/07/05

工事保険の新規お申込み

先週は新規事業者様のお申込が何件もあり、大変工事保険担当者が多忙な週でした。埼玉の配管事業者様の請負工事賠償保険、埼玉のリフォーム事業者様の請け工事賠償保険と上乗せ労災保険、長野の建築事業者様賠償保険……… 続きを読む


2021/06/28

重機の盗難事故

福島県の重機盗難保険を1月にご加入されたお客様から電話をいただきました。週明けの朝、現場へ行くと、あるはずの大型のバックホウがない、どうも盗まれたようだと。警察の盗難届、現場検証のあと、保険会社の調査……… 続きを読む


2021/06/16

リースレンタル重機の賠償事故

最近の広辞苑場で比較的事故件数が多いのが、リースレンタル重機を破損したという事故です。ほとんどがレンタル中のバックホウの操作ミスによる損壊です。最近のお支払いは、横転事故による賠償保険で約300万が保……… 続きを読む


2021/06/07

工事保険のマーケット

2013年、当社が工事保険に取り組み始めてから8年がたちました。8年前の工事保険を含む「新種保険」の年間取扱保険料はわずか500万でした。工事事業者様のニーズを把握して、それ見見合った営業体制社内体制……… 続きを読む


2021/05/31

新規のお申込みが続きます

滋賀県のエアコン取付業者様の工事賠償保険のお申込が決まりました。また、ネットでお問合せのあった東京の建設業の方が重機の盗難保険にご加入が決まりました。また、以前ネットで太陽光保険申し込まれた方の電気工……… 続きを読む


2021/05/25

リース・レンタル財物損壊担保

建設業では、什器等の建設機械をリースやレンタルで借りることが多くあります。現場で、横転や水没などで高額な修理費がかかる事故も時々あります。そんな時に頼りになるのが、この特約です。リース物件にも保険は付……… 続きを読む


  • 全て表示
ブログ
[最近の記事]

2021/08/02

重機の盗難、支払い決定

6月22日に盗難事故があって、保険会社の調査が完了し、保険金が支払われました。 全損なので350万円+20万円=370万円の受取です。事故発生から40日かかりましたが、盗難の場合は聞き取り調査に時間がかかりますので、一般的な所要日数です。……続きを読む


2021/07/26

重機の盗難事故

重機の盗難事故は時々あります。 現場においてある重機は盗難の被害が受けやすいです。また乗用車と違って登録されていないので盗難車両の操作は困難です。また、窃盗団はすぐに重機を分解し、転売するので現物が後日発見されることはまず無いようです。お客様にとっては重機がなければ仕事が出来ませんし、一時借用も困難、買い替えにも負い金が必要と、困った事態が続きます。一般的に盗難事故はお支払いまでに最低でも一カ月ほ……続きを読む


2021/07/19

上乗せ労災の補償の充実

団体割引でこの保険も大幅なコストダウンが可能です。 当社では安くするだけでなく、上乗せ労災保険の内容をしっかり説明し、事業者様の本当のニーズに合わせて補償の充実も行っています。それでも大幅なコストダウンになるため、事業者様には大変喜ばれています。……続きを読む


2021/07/13

借用中の重機の賠償

工事現場では、レンタル会社や、同業者の重機を一時借用し作業することがよくあります。 誤って借用中の重機を壊してしまった場合の修理費が保険でお支払いできるように当社では必ずしてあります。レンタル会社から借りた場合は問題がないのですが、知り合いの同業他社の建設事業者から借りた場合の注意事項がひとつだけあります。単なる口約束ではなく、借用中の重機のレンタル契約書を準備しておく必要があります。これが無いと……続きを読む


2021/07/05

工事保険と自動車保険

工事現場でダンプやパッカー車、クレーン車など事業所様所有の車を使用されることは多いです。 本日も、パッカー車の油圧系統のオイルが漏れて工事現場の隣接する舗装面を汚してしまった。工事賠償保険で対応できるか?というお問合せをいただきました。結論は、まずパッカー車の対物賠償保険で対応いただき、万が一それが使えなければ当社の工事賠償保険を使います。というのが、正しい回答です。自動車の使用管理中であっても、……続きを読む


2021/06/28

重機の破損事故が多いと思っていましたら盗難がありました。

福島県のお客sマガ350万の中古の大型バックホウを盗られました。 保険で支払われる予定ですが1カ月ほどかかります。代車特約を付けていただいていたので、レンタル会社から買うまでの間、借りていただいて仕事を継続していただく予定でした。しかし、重機の中古価格が高騰していて、保険でもらえるよりも100万以上持ち出しになるとのこと。さらに購入までのレンタルも、重機需要が多すぎて借りることができないとのこと。……続きを読む


2021/06/17

リースレンタル重機の賠償事故

建設業で工事保険に加入するなら、第三者に対する賠償事故を補償するのは当然です。この点は、お客様も見落としはまずありません。 見落とされがちなのが、借りたものに対する賠償補償です。バックホウ、高所作業車、などの建設用重機を借用中に誤って損壊する事故は結構多いものです。今月だけでも2件の支払いがありました。金額も一件は50万、もう一件は300万です。請負工事賠償保険に受託物、借用財物、自走可能な建設機……続きを読む


2021/06/07

建設工事保険

当社の工事保険の契約件数で、一番多いのは、「請負工事賠償保険」です。 次は、上乗せ労災です。三番目に、建築工事保険です。建築工事保険の契約件数は、住宅建築業者様なら%加入されます。着工から引き渡しまでの台風や火災のリスクに備える必要があるからです。土木事業者様でこの保険にご加入される方は少数です。建築資材(例えば水道管など)が現場で盗難されるとか、敷き鉄板が盗難されるとか、盗難リスクに備える業者様……続きを読む


2021/05/31

工事の賠償事故

故意過失による不法行為責任を問われたときに、役立つのが請負工事第三者賠償保険や生産物賠償保険です。 債務不履行による賠償責任を補償する保険は多くはありません。一般的なものは、公共工事を受注した業者様が加入する履行保証保険があります。公共工事の着工後、万が一倒産して工事を完成できない時に、保険金が支払われ、完工まで別の事業者によって施工されます。官公庁に請負金額の10%を現金で差し出すか、保険に加入……続きを読む


2021/05/25

工事現場での賠償事故2

ではその因果関係ですが、誰が立証責任を負うか、ということになります。 おおよそ被害者に責任があります。ということは、被害者が根拠のある形で損害が加害者の過失に起因することを立証できなければ訴えられた企業に賠償責任はないということになります。こういえば、話はとてもシンプルで明確ですが、このあたりの原則を理解していない方が多く、なんんでも被害者から言われれば保険を使って払えるとか、相手が保険に入ってい……続きを読む


  • 全て表示

全国の土木建設業界の経営者の皆さんへ

割安な掛金の工事保険があることをご存知ですか?

年々アップする人件費、資材費。建設業界にとって厳しい経営環境が続いています。
工事保険コストダウンでは、建築、土木、設備、電気、塗装、リフォーム内装業向けの請負工事第三者賠償保険、建設工事保険、業務災害(法定外)労災保険の加入、見直し、保険料の節約、削減、比較見積り検討の画期的方法を紹介します。
経営審査事項の加点にも対応。工事保険・建設工事保険・重機盗難保険ならお任せください。

今、工事保険の支払い保険料を大幅に削減できる、画期的方法が注目されています。

ええっ!?そんなうまい話があるものか!

疑われるのも、無理はありません。
実は、本当なのです。


昨年8月から1年間で、地元の建設土木企業の40社様以上が補償内容が良くなって、大幅にコストダウンした工事保険に切り替えられておられます。
この画期的方法が、ほとんど知られていないため、個別の企業様にご案内するために、このホームページを作りました。
工事保険・重機建設機械の盗難保険の新しい加入方法、建設工事保険の保険料大幅コストダウ­ンの説明をしています。保険料削減、見直し、節約、見積もり、合理化に役立ちます。

工事保険とは、俗称です。
正式には「工事第三者賠償保険」・「労災上積み保険(注1)」・「建設工事保険(注2)」と呼びます。
この3つの保険を総称して工事保険といわれることが多いです。
(注1)任意労災、業務災害補償とも呼ばれることもあります。
(注2)建築工事保険と呼ばれることもあります。また組立保険、土木工事保険を含むことがあります。

民間の保険会社と個別契約とは、特別な保険料率を適用せずに、売上高に応じて保険料が上下する年間包括契約の工事保険のことをいいます。
建設業協会や全日電工などの共済契約は、もともと割安の保険料なので、このような大幅な保険料削減効果は期待できません。ですから、すべての保険がコストダウンできることを保証するわけではありません。

しかも、補償内容は大幅に改善するケースもあります。
補償の充実とコストダウンが同時に実現できる方法があることが、ほとんど建設業界の経営者に知られていない!
こんなに安くて良いものは、ひとりでも多くの建設業の経営者に知ってもらいたい!
そんな思いで、地元四日市の建設業の企業様にご案内したところ、大きな反響がありました。
わずか8ヶ月で20社を超える会社が、コストダウンと補償の充実にご満足いただき、この補償制度に切り替えられました。

具体的なご案内は、下のページをご覧ください。

なぜ大幅な削減が可能なの?

事故の時は大丈夫なの?

ウチも本当に安くなるの?

皆様からよく聞かれる質問について纏めました。
是非、参考にしてください。


建築・土木・設備・電気・塗装・リフォーム業向け工事保険の加入、見直し、保険料節約、削減、比較、見積り検討の画期的方法の紹介しています。

◆ 労災上積み補償制度について
◆ 第三者賠償補償制度について
◆ 建築・土木・組立工事補償制度について
◆ 日本商工会議所の業務災害補償制度について
◆ 重機の盗難保険について

よくある質問

ご相談はこちら

お問合せ・ご相談フォーム

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、お電話かメールを頂けましたら大幅な割引の工事保険のご案内をさせていただきます。
ご相談は無料ですので、ご案内をお聞きにいただいた後で、新規加入や工事保険の見直しをご検討いただけましたら嬉しく思います。
皆様からのお問合せお待ちしていますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

PageTop