新着情報 | 大幅割引の工事保険・重機盗難保険なら【工事保険コストダウン】

工事保険コストダウン
  • 会社概要
工事保険・建設工事保険・重機盗難保険の加入・見直し・節約なら、工事保険コストダウンにお任せください。
新着情報

2022/08/08

神奈川の建築業者様からのお問合せをいただきました

9月1日に現在加入されている工事賠償保険と上乗せ労災保険についてお問合せをいただきました。
お電話で詳細を伺いますと、売上高が約1.5倍なのに保険料が1.7倍になるので、コストダウンできないかというご要望でした。
現在ご加入の保険も、団体割引が適用されている保険ですので、そうでない場合に比べて、大幅な保険料割引はできません。
しかし、リスクの現状のヒアリングをした結果、年間保険料は165,600円(30%割引)まで下げることができます。
下がった分で、本来必要な重機の盗難保険に追加加入できることがわかりました。
本日見積りをメールしましたので、明日以降に追加の説明を電話で致します。
気に入っていただければ嬉しいですね。


2022/08/01

工事現場の賠償事故の例

太陽光パネルを設置中に、屋根からパネルを落とし破損した。→請負工事賠償保険
掘削中に既設のガス管を破損した。→請負工事賠償保険
開いていたマンホールに人が落ちた。
隣接ビルの壁に重機の吊り上げ資材をぶつけて破損した。
突風で据え付けクレーンが倒壊した。
防音壁が倒れ、通行人がケガした。
ビルの配管修繕工事でジョイントの締め付けが緩く水漏れ。下の階の部屋が浸水した。


2022/07/27

埋設水道管の破損事故支払

名古屋市の現場での埋設水道管の破損事故のお支払額が決まりました。
修理見積書880万円通りの認定で、免責5万円を差し引きますので、875万円のお支払いをさせていただきました。
基本は修理業者への直接支払いなのですが、お客様のご要望により、お客様の口座に振り込みました。
この場合は、一旦お客様にてお立替が必要なのですが、高額ですので、業者様の同意書にて対応させていただきました。


2022/07/19

埼玉の工事保険加入者の盗難事故

工事現場で建築用の資材と道具が盗難の被害にあったと連絡がありました。
盗まれたものは、支給材でもなくリースレンタルでもなく、すべて自社所有の物でした。
現在は工事賠償保険に受託物の賠償事故も補償する内容でしたが、自社所有では適用できません。
「そんなときの保険はありますか?」というご要望に応えて、ちょうど8月1日が満期ですので、賠償と工事物件や資材の盗難も同時に補償できる提案をさせていただくこととなりました。
以前から、工事保険にはこの2つと、現場での労災事故を補償する上乗せ労災保険の3つがあることは、常々お伝えしています。
こうした事故のタイミングで、見直しをしていただくことも多いのが実際です。


2022/07/11

6月の建設業の事故件数は4件でした

建設業の工事保険の事故の報告は、通常一週間に1〜2件あります。
数年前に比べると、取扱件数が増えたために、事故の件数も増えました。
賠償保険が3件、傷害保険が1件でした。
賠償保険は、塗装業者様が2件、管工事業者様が1件、傷害保険は内装業者様でした。


2022/07/04

千葉のエアコン御者様のお申込をいただきました。

この時期に集中して取付工事を行う業者様から工事賠償保険のお申込をいただきました。
壁の穴が空け間違えで手直し工事をしたり、工具を落として床を傷つけたり、また支給材を破損したりする事故にそなえたいというご希望でした。年間保険料が予想外に安く済んだので、年間を通して保険をかけていただくことになりました。
そのほうが、引き渡した後に不具合が起こって、賠償事故が発生した時も、年間でかけていただければ、事故の対応ができます。
この点もしっかりご理解いただいて、お申込をいただきました。


2022/06/27

長野県の工事事業者の売上が2倍になりました。

当社とお取引をいただいてから、業績好調で、2年間で売上が2倍になりました。
この厳しい環境で、大変珍しいことです。
やはり、こういう会社は社長の卓見というか、社長の経営力と営業力が高い中小企業が多いです。
工事賠償保険と建設工事保険、上乗せ労災保険をお任せいただいて居rます。
お預かりする年間保険料もほぼ2倍となりました。
工事保険はお取引先の売上と連動します。
お取引先の発展が当社の売上増加に直接つながります。
これからも、ネット上のよき保険の相談できる会社として当社の存在価値を高めていきたいと思います。


2022/06/27

大阪の内装工事業者様の新規お申込み

6月19日にメールでお問合せをいただきました。メールではご要望は労災上乗せ保険でした。
ヒアリングをするうちに、実際のご希望は、社長個人の傷害保険と工事賠償保険、現場での資材盗難保険でした。
社長個人の補償は24時間がご希望でした。
6月23日に傷害保険は年間27,296円、工事賠償保険は年間54,960円で決定。
7月1日保険開始となりました。


2022/06/20

山口県の建築業者様の新規ご加入ありました。

6月15日にお問い合わせがあり、翌日にメールで見積書を送付しました。
見積もりの内容を、しっかりと説明させていただきました。
年間30万円くらいはかかると予想していたが、10万円弱で済んだ。補償の内容も大変良いと即決していただきました。
元請から、6月20日から保険付けておくように言われていたので、6月20日始期で、保険に加入していただきました。
元請に加入証明もそれまでに必要なので、保険会社発行の正式な加入証明書をメールで17日に送りました。
とてもお値打ちな保険を、迅速な対応で加入できたことに大変ご満足をいただきました。


2022/06/15

横浜の不動産業者様のお申込み

主業が不動産事業なのですが、解体作業を下請事業者にやらせるため、工事賠償保険と工事中の傷害保険のお申込がありました。賠償保険は年間66,650円。傷害保険は年間105,840円でした。


PageTop