新着情報 | 大幅割引の工事保険・重機盗難保険なら【工事保険コストダウン】

工事保険コストダウン
  • 会社概要
工事保険・建設工事保険・重機盗難保険の加入・見直し・節約なら、工事保険コストダウンにお任せください。
新着情報

2022/12/06

重機機械の事故対応から、工事保険の見直しへ

工事現場での自損事故でエンジンのターボチャージャーの部品が破損した事故の支払いが、
見積もり通りでお支払いできました。お支払い金額は、629,920円
「とても助かった」と喜んでいただきました。
「ところで、社長、工事保険はどちらでご加入されていますか?もしかしたら大幅な割引が可能です。
証券をメールで送ってください。」
メリットがあれば変えていただく、なければそのまま。
このスタンスは変わることはありません。
社長から、役員や従業員病気やケガの入院のかかった費用がもらえる保険があると聞いている。
その見積もり依頼を受けました。
工事業者様のすべての心配事に寄り添えることができればという思いで仕事をしています。


2022/11/29

建売住宅の工事保険について

建売住宅は、工事の発注者=受注者=建売業者であるため、請負契約は存在せず、
「工事請負契約に基づかない工事」に該当するため、建築工事保険だけでは補償対象外です。

建築工事保険については、建売住宅が完成した時から最大で12ヶ月間または引渡しの早い時までの期間については、
建設工事保険「建売住宅に関する特約条項」という別の保険で、包括で補償することができます。
*建物完成時に引渡しが発生せず、内覧会等を経て販売される建売住宅(戸建てに限る)をいいます。

または、建売住宅を含むすべての建築工事物件が工事中に補償されるタイプの保険に加入する必要があります。
それでも、建売住宅の工事完成後から販売・引き渡しまでの物件の保険は、一個ずつの火災保険(準住宅物件)で加入しておく必要があります。
建売住宅を扱う建築業者様は、保険の加入については、最新の注意を払う必要があります。


2022/11/21

履行保証保険の契約をいただきました。

公共工事では、受注した後請負金額の10%の保証金を現金で差し出すか、または、
保証金の代わりに保険に加入し、その証券を提出することが義務付けられています。
依頼を受けてから、数日以内に証券原本をお客様にお届けする必要があります。
また、請負金額が大きいと、保険会社の引受枠を超えてしまって、お受けできない事態も
発生します。
事前に、大きな工事があったり、請負工事が重なって、枠が足らなくなる事態に備えて、
保険会社に交渉して取引枠を広げてもらう必要も生じます。
こうした、業界の実情に合わせて、事前に取引枠を確認して、いざという時に
慌てなくても良いようにしておくことも、建設業界に詳しい当社のような保険代理店に要求される
仕事です。
今回は、保険料が約80,000円の保険をお申込みいただき、無事納品しました。


2022/11/15

地元工務店の賠償事故

第三者賠償保険にご加入のお客様の事故受付です。
屋根をリフォーム中に工具を落として天井を破損した事故です。
事故報告の後、写真、修理見積書、請負契約書を送っていただきました。
ご満足のいくよう、納得の事故対応をさせていただきます。


2022/11/07

給水管破損事故のお支払い

別荘地で発生した水道配管の破損事故のお支払いが出来ました。
別荘地の管理組合への賠償で478000円のお支払いでした。
この事業者様も遠方でしたが、事故円場の写真、修理の見積書、請負契約書、示談書が必要書類でしたが、
すべてメールやLINEで迅速かつ問題なく手続きできました。
工事保険については遠方だから、というご心配は一切ありませんので、ご安心ください。


2022/10/25

重機盗難保険のお申込が決まりました

栃木県の建設業者様の保険のご加入が決まりました。
2台で134,390円。
遠方ですので現物確認の為に、売買契約書、自主点検票、および現物の写真をメールにてご提出いただきます。


2022/10/17

重機盗難保険のお問合せをいただきました。

栃木の電気工事会社から重機2台の見積り依頼を受けました。
重機盗難補償制度のお問合せは毎月コンスタントにいただいています。


2022/10/11

太陽光発電設備の設置事業者様からのお問い合わせ

太陽光発電設備の保険を以前からご加入のお客様が、屋根付きの発電設備の施工事業者さまでもありました。
設置工事中と引き渡し後の賠償保険のお問合せをいただきました。
いつものように、どんな事故が心配なのかをヒアリングして、それにもとづき、保険設計を行いました。
単品の保険ご加入から、多種目のお問合せ、ご加入の事例が増えてきました。
太陽光保険→工事保険、自動車保険、所得補償保険、など様々なお問合せがあります。
どのケースも、当社のオーダーメイドの保険の提案姿勢を評価していただき、追加のお問合せをいただいているケースです。
太陽光保険のお客様には、8月から定期的なメールの情報発信も始めました。
接点をより深めて「保険の相談ならフィット総合保険に」と発想していただければ大変ありがたいことです。


2022/10/03

工事保険加入企業の追加契約がありました。

今年、工事賠償保険にご加入されたお客様から、火災保険のお問合せをいただきました。
10月から企業の火災保険が大幅に値上がりすることをお伝えしましたところ、ご加入時期を9月30日にしていただき、保険期間を5年の年払いでご契約いただきました。
年間保険料は215000円。
工事保険でお客様のご要望をしっかりヒアリングして割安の提案をしたことが評価され、火災保険もご提案、契約していただきました。
ありがとうございます。


2022/09/26

地元の建設業者様の保険内容の改善

不動産業と建設業を営むお客様から、以前から賠償保険と工事保険にご加入いただいていました。
今回、会社の什器の保険を追加して、さらに水没や火災などでデータが破壊されたときの復旧費用も保険の対象となるようにしたいとの
ご要望がありました。
什器備品の補償を1000万円追加するとともに、情報メディア補償特約を追加してご案内しました。


PageTop