住宅建設の工事保険を充実かつ安く抑えるには|工事保険の料金ならお任せ下さい。

工事保険コストダウン
  • 会社概要
工事保険・建設工事保険・重機盗難保険の加入・見直し・節約なら、工事保険コストダウンにお任せください。

FAQ

住宅建設工事の際の工事保険を、充実の内容でかつ安く抑えたい。

建設業をきりもりしている者です。
最近では施主や依頼元のコスト圧縮要求が強く、なかなか満足な金額で工事を受注することができません。安全な範囲内で、いろいろなコストを削ってはいるのですが、なかなか限界もあります。
そんな中、知人から「工事保険に安く入るコツがどうやらあるらしい」と話を聞きました。詳しい話を聞きたいです。よろしくお願いします。

answer

団体契約加入で安く抑えることが可能です

工事保険とは俗称で、正式には工事第三者賠償保険・労災上積み保険・建設工事保険というものです。
通常であれば上記3つの保険は、保険会社と建設会社が1対1で契約するものです。その際は建設会社の規模や資本力・受注案件の内容を元に保険料を算出されることが多く、規模が小さくなればなるほど割高な保険料になる傾向があります。
この個別では高い保険料を低く維持する方法があったとしたらいかがでしょうか。個々の事業者の規模の大きさに関わらず、割安な保険料が適用されるとしたら。
実はそんな手段があるのです。それが団体契約というもので、複数の事業者が一体となって保険会社と契約を結ぶことで、契約主体の規模が大きくなり、その分保険料が割安になる仕組みです。同時に保険内容の充実も図る事ができて、ローカルな建設業者の方には割のいい話と考えます。
ぜひ団体契約サービス提供業者にコンタクトを取ってみて下さい。

PageTop