大幅割引の工事保険・重機盗難保険なら【工事保険コストダウン】

工事保険コストダウン
  • 会社概要
60%割引の工事保険をご存知ですか?
お申込の手順 ご契約にあたってご留意いただきたい点

承認番号:SJNK19-80194
承認年月日:2019/7/19

新着情報

2021/04/21

7年前に工事保険の見直しをしていただいた、お客様から連続のご紹介がありました。ふたつとも業務災害補償の新規契約でした。ひとつは、幼馴染の工事事業者への紹介、もう一件はその会社の取引先への紹介でした。紹………  続きを読む>>>

2021/04/14

HPを見て電話の問い合わせがあった、電気工事業のお客様が来店されました。たまたま四日市のお客様でしたので「来店して説明が聞きたい」ということになりました。以前工事保険に加入していたが、事故の対応が悪か………  続きを読む>>>

2021/04/08

当社には毎日工事保険や太陽光保険のご相談・お問合せがあります。ご契約のお申込をいただくことは、もちろんうれしく、ありがたいことです。しかし、当社の目的は契約ではありません。経営理念の第1項に、「お客様………  続きを読む>>>

2021/04/02

外壁の修理方法を工務店様の努力でサイディング交換よりも安いパテ埋めでやっていただきました。お客様に不満が残り、そこを施工費の金銭的な値引きで解決する方向です。工務店様の努力で保険金のお支払いが削減でき………  続きを読む>>>

2021/03/25

工事賠償保険でお支払いできる金額は、あくまでも損壊した個所を現状の通り修復する費用です。一部修理なら修理金額、全部取替なら、取り換え費用から減価償却した金額が控除されます。ここで、被害者の期待と乖離が………  続きを読む>>>

2021/03/17

工事現場の残土処理のために、元請からレンタルしていた重機が転覆して大破しました。事故報告を受けたときに、受託物の賠償が500万まで補償されていますから、そこまでは修理費は保険で出ますよ、と即答できまし………  続きを読む>>>

2021/03/09

工事保険で一番多い事故は、現場での対物賠償事故です。まず、賠償保険は第三者賠償保険ですから、第三者に与えた物損を補償します。法律上の損害賠償義務があることが、大前提です。第三者といっても、完全に他人と………  続きを読む>>>

2021/02/26

工事物件を引き渡した後に、賠償事故が起こったときに役に立つのが、生産物特約です。生産物特約の補償金額は、施工中の第三者賠償事故の補償金額と同じ金額です。生産物とは引き渡した物件自体をいいますが、業者様………  続きを読む>>>

2021/02/16

従業員の方の紹介でお話ししていた工事保険の新規の申し込みをいただきました。工事賠償保険、組立工事保険、上乗せ労災保険のフルセット契約です。賠償保険が現在の他社の保険の70%割引で加入できました。浮いた………  続きを読む>>>

2021/02/08

お客様が勤務されている建設会社の工事保険の見直しの紹介をいただきました。信頼する社員様からの社長への紹介は、非常にありがたいです。工事賠償保険の証券を拝見すると、毎月4万円のお支払いでした。当社で見積………  続きを読む>>>
  • RSS
  • 全て表示
ブログ
[最近の記事]
2021/04/21
工事保険の見積りにあたって
ホームページを始めたころは、お問合せがメールであると、メールの情報だけで見積りを作り、送っていました。 何度かやり取りをしているうちに、それでは相手のニーズに応えられないことが分かって、方法を変えました。メールをいただいたら、すぐに電話をしています。当社のルールに従って、事業の内容とリスクの実態をヒアリングします。そのあと作った提案は、よくお客様のニーズにマッチしています。成約率もそれでだいぶん上……続きを読む
2021/04/14
連絡方法の多様化
来店されたお客様の以前の代理店の事故対応の不満の一つに、連絡方法が不便だったことがあります。 書類は郵送で、メールやファックスは使えなかったので大変不便だった。当社は見積もりや事故の写真などすべてLINEでやれます。と伝えると、それは助かりますと喜んでいただきました。お客様の利便性を考えて、多様な連絡方法を準備しておくことも大切なことだとわかりました。……続きを読む
2021/04/08
経営理念と日常の仕事のやり方
当社の経営理念の第1項は「お客様の抱える問題を発見し、期待値を超える解決のサポートをする」です。 工事保険のお問合せやご相談は毎日あります。新たに工事保険に入りたいが、どんな保険が必要なのか?とか、今の保険は高くて、もっと安くならないか?今入っている保険の内容がよくわからない、事故があったときにもれなくカバーできるのか?などご相談は様々です。近くにご相談に乗る保険代理店が、工事保険の分野ではまだま……続きを読む
2021/04/02
賠償保険の保険料の違い2
3月29日に塗装業者様の賠償保険のお問合せがありました。 年間工事高2億5000万の事業者様です。建設業許可もあり、何人かの社員様もおられるので、建設労災互助会の説明を電話で行いました。掛金が安いことに驚かれていました。1月決算の売上高をメールで教えていただいたのが、3月31日。見積もりと再度の説明にご納得いただきました。急いでおられたので、4月8日始期の申込書類を郵送しました。企業様のニーズと当……続きを読む
2021/03/25
賠償保険の保険料の違い
工事賠償保険の見積り依頼を受けて、見積りを送ったところ、「見積金額が安すぎる。間違いではないか?」とのお問合せがありました。 当社以外に見積もりを取られたらしいのですが、当社の4倍の保険料見積りだったということです。あまりに違うので、逆に不信感を持たれたようです。他社の見積りから、「この特約は全部付いているのか?」と確認されました。すべて網羅しているのに、見積金額があまりに違う理由を聞かれました。……続きを読む
2021/03/17
事故で保険料が値上がり?
事故で保険を使うと、翌年の保険料が上がる。 これは、自動車保険では常識になっています。しかし、工事保険ではまだまだ認知されていないことです。団体扱いの全国物件契約は、個別の企業が保険を使ったことで、翌年の保険料の値上げはありません。ただし、事故多発の場合は、翌年の契約継続を団体から断られることがあります。当社でも、一社その実例があります。団体ではない個別の工事保険は、事故件数や前年度のお支払額をも……続きを読む
2021/03/09
引き渡し後の賠償事故
地元の建設業者様の事故報告がありました。 引き渡して1年後に床暖房の上に張ったフローリングが変形し、隙間が出来た。入居者が張替と修理期間中のホテル代などを要求しているというものです。引き渡し後の賠償事故は、施工不良が原因の波及損害が必要です。波及損害とは、施工不良の物以外の破損や、施工不良によって対人賠償事故が発生していることをいいます。残念ながら、今回は波及損害がありません。これがあれば、直接の……続きを読む
2021/02/26
水漏れ事故
第三者賠償保険にご加入の事業者様から水漏れ事故の連絡がありました。 引き渡してしばらくしてから起こったキッチンの排水管から水漏れが発生し、床が濡れ損害を起こしたというものです。生産物特約と生産物自体の損壊担保特約を付けていただいていたので、床の損害と排水管の修理費を含めて保険のお支払い対象事故となります。排水管の修復費用、システムキッチンの撤去復旧と床の取り換えの見積りと、写真をお願いして、結果待……続きを読む
2021/02/16
地元のリフォーム委会社のご成約
昨日、賠償保険、組立工事保険、上乗せ労災保険のフルセットでお申込をいただきました。 大変喜んでいただき、知り合いの社長様を紹介いただくこととなりました。また、自動車保険も見直しのお手伝いをさせていただくこととなりました。……続きを読む
2021/02/08
地元の工事保険の相談
ネットでご相談を受けることもたびたびでまことにありがたいことです。 地元の三重県の業者様からのご相談もたくさん受けております。地元の業者様はお会いすることが比較的容易で、工事保険のほかに火災保険、自動車保険、生命保険の見直しのご相談もたくさん受けております。より多くの分野で役に立っていただける機会が多いので、積極的にご相談を承っております。……続きを読む
  • 全て表示

全国の土木建設業界の経営者の皆さんへ

割安な掛金の工事保険があることをご存知ですか?

年々アップする人件費、資材費。建設業界にとって厳しい経営環境が続いています。
工事保険コストダウンでは、建築、土木、設備、電気、塗装、リフォーム内装業向けの請負工事第三者賠償保険、建設工事保険、業務災害(法定外)労災保険の加入、見直し、保険料の節約、削減、比較見積り検討の画期的方法を紹介します。
経営審査事項の加点にも対応。工事保険・建設工事保険・重機盗難保険ならお任せください。

今、工事保険の支払い保険料を大幅に削減できる、画期的方法が注目されています。

ええっ!?そんなうまい話があるものか!

疑われるのも、無理はありません。
実は、本当なのです。


昨年8月から1年間で、地元の建設土木企業の40社様以上が補償内容が良くなって、大幅にコストダウンした工事保険に切り替えられておられます。
この画期的方法が、ほとんど知られていないため、個別の企業様にご案内するために、このホームページを作りました。
工事保険・重機建設機械の盗難保険の新しい加入方法、建設工事保険の保険料大幅コストダウ­ンの説明をしています。保険料削減、見直し、節約、見積もり、合理化に役立ちます。

工事保険とは、俗称です。
正式には「工事第三者賠償保険」・「労災上積み保険(注1)」・「建設工事保険(注2)」と呼びます。
この3つの保険を総称して工事保険といわれることが多いです。
(注1)任意労災、業務災害補償とも呼ばれることもあります。
(注2)建築工事保険と呼ばれることもあります。また組立保険、土木工事保険を含むことがあります。

民間の保険会社と個別契約とは、特別な保険料率を適用せずに、売上高に応じて保険料が上下する年間包括契約の工事保険のことをいいます。
建設業協会や全日電工などの共済契約は、もともと割安の保険料なので、このような大幅な保険料削減効果は期待できません。ですから、すべての保険がコストダウンできることを保証するわけではありません。

しかも、補償内容は大幅に改善するケースもあります。
補償の充実とコストダウンが同時に実現できる方法があることが、ほとんど建設業界の経営者に知られていない!
こんなに安くて良いものは、ひとりでも多くの建設業の経営者に知ってもらいたい!
そんな思いで、地元四日市の建設業の企業様にご案内したところ、大きな反響がありました。
わずか8ヶ月で20社を超える会社が、コストダウンと補償の充実にご満足いただき、この補償制度に切り替えられました。

具体的なご案内は、下のページをご覧ください。

なぜ大幅な削減が可能なの?

事故の時は大丈夫なの?

ウチも本当に安くなるの?

皆様からよく聞かれる質問について纏めました。
是非、参考にしてください。


建築・土木・設備・電気・塗装・リフォーム業向け工事保険の加入、見直し、保険料節約、削減、比較、見積り検討の画期的方法の紹介しています。

◆ 労災上積み補償制度について
◆ 第三者賠償補償制度について
◆ 建築・土木・組立工事補償制度について
◆ 日本商工会議所の業務災害補償制度について
◆ 重機の盗難保険について

よくある質問

ご相談はこちら

お問合せ・ご相談フォーム

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、お電話かメールを頂けましたら大幅な割引の工事保険のご案内をさせていただきます。
ご相談は無料ですので、ご案内をお聞きにいただいた後で、新規加入や工事保険の見直しをご検討いただけましたら嬉しく思います。
皆様からのお問合せお待ちしていますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

PageTop