団体の工事保険とは、どういう仕組み?|大幅割引の工事保険・重機盗難保険なら【工事保険コストダウン】

工事保険コストダウン
  • 会社概要
工事保険・建設工事保険・重機盗難保険の加入・見直し・節約なら、工事保険コストダウンにお任せください。

FAQ

団体で工事保険に入れると聞きました。どういう仕組みでしょうか

建設業を営んでいます。工事中の事故に備えるため工事保険に加入していますが、昨今の経済状況でなかなか支払いも難しくなってきました。
同じ建設業仲間から団体保険の話を聞いたのですが、どうして安く上がるのかよく分かりません。解説してくれると助かります。

answer

団体加入保険のメリットは個別ではなく大勢で加入できる点です

工事保険の団体加入保険に関心を持たれる方が増えています。
こちらの保険は通常の工事保険と何の差異もなく加入できる保険で、しかも割安な価格で提供されているものです。なぜ安くなるのかこちらで解説しましょう。
それは保険加入者が団体として「大口の顧客」として加入できるからです。シンプルに言うと、保険料は団体に一括でかかります。それを団体加盟社それぞれで割っていく方式となります。(あくまでもシンプルな説明です。実際の計算方式は異なります。)
個別に契約した場合と団体内で割った契約料金を比較した場合、後者のほうが圧倒的に格安な金額になります。保険会社としては、小さな会社よりも大きな団体の方が安心感があるため、各種割引制度が充実しているのですね。
弊社ではこうして算出された保険料金をそのまま団体加入の会社に提示しています。団体への加入は書類の提出と年会費支払いのみで完了します。詳細はぜひご相談ください。

PageTop