建設業者が加入すべき工事保険|大幅割引の工事保険・重機盗難保険なら【工事保険コストダウン】

工事保険コストダウン
  • 会社概要
工事保険・建設工事保険・重機盗難保険の加入・見直し・節約なら、工事保険コストダウンにお任せください。

FAQ

建設業者が加入すべき工事保険は?

長年地元では最も大手の建設会社に勤務して、主に現場監督として働いてきて、その間に建築士などいろいろな資格を取得しました。
それも入社当時からいつかは独立して自分で会社を立ち上げる夢があったからで、予定よりも相当時間はかかりましたが、前の会社も円満退社して、ようやく小さいですが起業できることになりました。
経営に関してはこれからも手探りの状態が続くと思いますが、信頼できる税理士先生を見つけることもできて、当面の仕事はすでに確保しているので、あとはどんどん仕事を取って、会社を大きくするために頑張るだけです。
工事をはじめるにあたり、当然工事保険に加入しなければいけないわけですが、正直どの保険会社のパンフレットを見ても保険の内容が難しくて、種類もたくさんあって、どの保険に加入すればいいか困惑しています。
ということで、建設業をはじめるにあたり加入すべき保険について良いアドバイスをどうぞよろしくお願いいたします。

answer

賠償責任保険と労災の上乗せ保険への加入が必要です

建設業にも内装、解体、水道などいろいろな種類があって、元請けか下請けかによっても保険の入り方は異なります。
お問合せいただければ、加入すべき保険について詳しくご説明いたしますが、まず全ての業者が加入すべき保険は、工事中や工事完了後に他人に損害を与えてしまった場合の賠償責任保険と、職人や下請け業者などが現場でケガをした場合の労災の上乗せ保険です。

PageTop